脱サラして独立したい人は必見!予算額に応じた代理店のジャンルを紹介します

100万円以内で独立

100万円以内だとメジャーなのがおそうじビジネスです。小売業でないため商品を仕入れなくてもいいため気軽に開業できます。店舗を必要としないのも大きなメリットの一つと言えますよね。自宅が事務所なので24時間体制で受け付けも可能です。ロイヤリティも7万円から8万円以内に収まりますので無理なく経営も続けていけます。基本的に営業をして新規獲得をしていかなければなりませんので、営業マンの経験のある人であればすぐに成果を期待できるビジネスと言えます。

500万円以内での代理店とは

500万円の開業資金があれば、お店を構える事が出来ます。メジャーなのがお弁当屋さんとコンビニですね。完全に待ちの営業になりますので、余程立地の良いところに空きがあるか、土地を所有しているかがポイントになります。家族経営を推奨していますので、夫婦や兄弟でお店を切り盛りしている人も多くいます。ロイヤリティは売り上げに対しての割合分と定額分を足したものになりますので、決して安くはありません。コンビニを廃業する理由はロイヤリティを払えなくなった方たちなので、フランチャイズ契約を結ぶ際に閉店時の事もしっかりと確認する事も重要になります。

1000万円以上の資金で独立出来る代理店とは

1000万円以上の資金があれば、代理店としてやっていかなくても何か自分で事業を起こしても良さそうですが、家族を養うためには一か八かの勝負に出るのは得策ではありません。固く収入減を確保しておきたいものです。この金額になると誰もが知っているお店とフランチャイズ契約が出来るようになります。ファストフード店や居酒屋などですね。知名度がありますので、少々立地が悪くても集客で悩むことはまずないでしょう。気を付けなければならないのは、SNSを利用したアルバイトの不祥事ですので採用した人には徹底した管理と指導が必要になってきます。

サラリーマンでも、いつかは独立して、自分でビジネスを立ち上げたみたいという野望を持っている人は、代理店の募集サイトを常にチェックしています。