何がいい?!フランチャイズ契約を締結する先

企業が事業展開をするひとつの方法

コンビニエンスストアを全ての店舗を自前で展開すると、その出店にかかる費用と回収までにかかる期間の長さから企業としても財務体質が厳しい状況になります。そのため出店したいと考えているエリアにおいて、個人商店をやっている人や、またそのような店舗物件を持っている人に、自社が出店する代わりにその地域に自社の名を持って展開してくれるように委託するケースも多くあります。出店にかかる費用についてはその個人に負担してもらうために企業にとっては負担が減ることになります。

フランチャイズ契約で展開

そのようなフランチャイズ契約をしているのはコンビニやファストフード以外にも最近は多くあります。全国的に展開している店舗を持っている企業がそのような契約形態で展開しています。企業としては諸費用を負担してらもう代わりに、その企業が持っているノウハウを伝授します。その手法に基づき売上を計上して利益を出して、その利益の何パーセントを企業に支払うようなロイヤルティ契約をしているのがほとんどです。個人としても利益を出せば出すだけ手元に残るお金も増えるため頑張るようになります。

個人としても事前の計画が重要

フランチャイズ契約をする個人も多くなっています。ただ数ある契約先からどの企業を締結するかを選択する際には、今時点のその企業業績も大切ですが、契約後もしばらくはその事業で展開することになるために、将来的にも伸びる事業であるかも考えて契約することが大切です。コンビニ以外にも最近では学習塾でフランチャイズ契約を締結する企業もあります。一度スタートした事業形態を変更するにしても初期投資額を回収してから行うべきで、その事業のフランチャイズ契約を締結する前に事業計画を綿密に立てて、いつ頃投資額を回収できるのかを確認しておくことも大切です。

代理店は、メーカーや仕入先と直接代理契約を結んでいる会社やお店のことです。すでにあるビジネスに参加でき、初期費用も低価格のため、比較的簡単に事業をスタートできます。