原発での瓦礫処理で活躍した、放射能に対応したフォークリフト

震災から一ヵ月後に現れた特殊フォークリフト

東日本大震災で事故に見舞われた福島第一原子力発電所の瓦礫処理のために、当時三菱重工業にてフォークリフトが開発されたのですが、このフォークリフトが現場の状況に対応した特殊仕様のものであったことがご存知でしょうか?今回は、原発付近の瓦礫処理で使用されたフォークリフトの秘密についてご紹介いたします。震災から一ヵ月後、三菱重工業から瓦礫処理作業を担当する共同企業体に納入された2台のフォークリフトには、操縦者が放射能汚染地域でも安全に動けるための、車両技術及び原子力技術が搭載されていました。

原子力を遮断するキャビンが搭載されたフォークリフト

役一カ月と言うかなり短期間で開発されたこのフォークリフトには、放射能を完全に遮蔽するキャビンが備え付けられていることが最大の特徴となっています。このキャビンは鉛ガラスを利用した全辺溶接構造の密閉式で、三菱重工業内で放射能試験設備を利用した事前検証をクリアしています。またキャビンない葉放射能に汚染された物質を除去できるフィルターを装着することで、放射能の危険にさらされない空気が確保されています。更に、空気浄化装置によって外気を遮断する機能も持ち合わせています。

瓦礫処理に特化した設計のフォークリフト

瓦礫処理に非常に適した機能を持ち合わせていることも、このフォークリフトの特徴です。このフォークリフトにはヒンジドフォーク(上向きになったフォーク)、バケット、回転フォークなどあらゆるアタッチメントを取り付けることが可能であり、更に装備しているコンテナ内に瓦礫を入れて運ぶこともできます。福島第一原子力発電所付近の瓦礫の処理は当時主に遠隔操縦式の無人重機が行っていましたが、この放射能に対応した有人フォークリフトは、無人重機だと限界がある瓦礫処理作業を補完するために開発、納入された重機なのです。

フォークリフトは運送会社で勤務するには欠かせない免許なので会社で免許を取らせてもらえます。敷地内なら免許は必要ありませんが、大企業などで荷物の積み下ろしをする際には、必須となります。

レンタルオフィスでお手軽に起業してみよう!!

レンタルオフィスとは?

業務に必要な「イス/机/業務空間/情報機器」等を兼ね備えた状態で貸し出されているオフィスのことです。自分自身で設備を用意するより全体コストを抑える事が出来る為に、他業務に必要な部分に投資をすることができるメリットがあります。レンタルオフィス業者によっては、料金体系のコースが用意されており、料金別に様々なサービス内容が違ってくる事もあります。新規起業者には初期費用を抑える事が出来る為に、お勧めのサービスとなっています。

レンタルオフィスで、新規ビジネスの創出

レンタルオフィスには、新規起業したての企業が集まっている事が多いので、新規ビジネス創出のチャンスにも恵まれています。多種多様な専門的企業が集まっているので、得意分野の情報交換をすることができるので異業種交流会に参加するより、効率的にビジネスネットワークを増やす事ができます。また近くにビジネスパートナーが常にいる状態なので、打合せ等を気軽に出来るメリットがあります。また立地条件が良い場所にあるので、効率的な営業をすることができます。

レンタルオフィスと秘書代行サービスで作業効率アップ

レンタルオフィスで電話を受けたくても、受ける事が出来ない場合があります。そのような場合には「秘書代行サービス」を利用をして、電話転送等のサービス利用ををお勧め致します。「秘書代行会社」によってサービス内容に差異はありますが、電話を受ける事ができないことによる「ビジネスチャンスロス」低減させる事ができ、企業としての信用性や信頼性を向上することができます。レンタルオフィスでコスト削減した部分を「秘書代行サービス」に必要経費として計上することにより、作業効率が飛躍的にアップします。

レンタルオフィスは業務に必要な設備が整っているだけでなく、電話代行などのオプションも充実していて便利です。

ウォーターサーバー選びで重要な水の宅配のノルマ

ノルマが重いと継続が難しくなってくる

ウォーターサーバーを利用するときには、たいてい毎月注文しないといけない水の本数の下限が決まっています。それ以上注文しないと罰金というか、別途お金を請求されるので、このノルマがどれくらいか?というのは契約前に必ず確認しないといけないポイントです。ノルマが厳しいと、余計な費用がかかってばかりで、損をしている可能性もありますから、そこまで多くの水を使わないと思われる場合には、よりノルマが厳しくない会社を選んでいくことが必要です。

ノルマの本数は会社によって違う

知っている方も多いですが、この毎月のノルマの本数は会社によって全然違います。より多く水を注文してくれた方が、それだけ利益になりますから、会社としてはできるだけ多くノルマを設定したいという思惑はあるものの、利用者の気持ちや利便性も考えたり、ノルマを緩くした方が利用者が集まりやすいということも考えて、ノルマの本数を寛容に設定している会社もあります。自信のない方は、ノルマに毎月悩まなくても良いように、寛容な会社を探すことも大切なのです。

ノルマがない会社も一部存在する

ノルマについては、たいていの会社は設定しています。本数の多い、少ないの差はあるものの、ノルマが一切ない会社は多くないです。ただ、一部そういう会社も存在しているので、ノルマがないということは、自由に注文本数を変えられるということですから、最低限注文しないといけない分を配達してもらって、それを早く飲まないといけないといった切迫感もないです。自分の呑みやすいペースで水を召し上がっていけば良いので、余計な心配もなく、気持ちよくウォーターサーバーを利用していけると思いますね。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクを作る時に便利でお母さんの手間を省いてくれます。水も新鮮で美味しく赤ちゃんにも安心して飲ませる事ができます。

いざという時に備える!知っておきたい起業の方法

起業の方法を知っておいた方がいい理由

正社員や派遣といった種類の違いを無視すれば、現役世代の過半数は給料をもらって働いている人でしょう。毎月決まった給料をもらうことによって、生活設計がしやすくなるメリットがあります。しかし、かつて日本的経営の美点としてもとはやされた終身雇用制は消えつつあるのが現状だと言われていますので、いつ給料をもらう立場を失うかはわからないといえるでしょう。万が一失業をした時でも、起業できれば安心なはずです。そのため、起業の方法だけは知っておくといいでしょう。

起業の方法は事業規模によって違う

起業の方法はいくつかの切り口に分かれますが、まずは事業規模によって起業の方法が変わって来る点を理解しておく必要があるでしょう。小規模の場合は、個人事業主として起業する方法が合っているかもしれません。税務署等に開業届を出すだけで事業を開始できる点が魅力でしょう。また、大規模に始める場合は、会社の信用確保や従業員の採用を有利にする等の観点から、法人を設立する方法が適しているかもしれません。法人登記の手間やコストがかかることになります。

起業の方法は職種によっても違う

起業の方法は、どんな事業をするか、どんな職種で勝負するかによっても変わってくるでしょう。例えば、製造業で起業する場合、物作りをするための工場を入手し機械設備を導入しなければいけないかもしれません。そうなると、初期段階で金融機関からの借入も必要になってくるはずです。また、商店であれば多くの設備はいらないかもしれませんが最初に一通り商品を仕入れるための資金が必要でしょう。その点、サービス業関連であれば資金負担が軽い起業方法といえるかもしれません。

会社の創業の支援には、経験と知識が必要です。その手助けをしてくれるのは、弁護士や税理士、司法書士といった各界のスペシャリストたちです。

トイレの詰まりの原因は何!?チェックする3つの方法

症状はいつから出たのか?

トイレの詰まりには必ず何かの原因が存在するのですよ。その原因を調べるためには、いつからその症状が出たのかにポイントをおく事が必要です。その事を把握する事によって、便器と排水管で何が起きているのかがある程度わかるようになっています。詰まりが突然に起きた場合は、便器に問題が発生している可能性があります。また症状が出る前にどこか様子がおかしい感じがした場合、便器以外に問題が発生している可能性があります。

流した物を思い返して原因を見つけよう!

トイレ詰まりで最も多い原因が、流した物なのですよ。特に心当たりがない場合は、便器以外に問題がある可能性があります。ゴボゴボと音がしている場合は、排水マスの状態に問題があるのかもしれません。たくさんの量のトイレットペーパーを一度に流した場合、便器に問題がある可能性があります。トイレットペーパー以外の紙類を流した場合は、便器に問題が発生している可能性がありますので、業者に見てもらう必要があります。異物を流してしまった場合も、同様に便器に問題が発生しているため業者に見てもらう事をおすすめします。

トイレの詰まりは頻繁に起こる?それとも今回だけ?

今回だけの場合は特に問題はありませんが、頻繁に問題が生じている場合は何か原因がある可能性があります。意外に多い原因の例が、ボールペンや割り箸などの細い物が詰まる事です。イメージでは細い物なので詰まる原因になるような感じはしませんが、2、3日トイレットペーパーを流す事によって、そこに異物が引っかかってまた詰まってしまうといった事が起きてしまうのです。こういった場合も業者に見てもらった方がいいでしょう。

水道修理は基本的に出張料が必要になるため、自宅との距離が近い業者なら出張料を安く抑えることができます。

独立して代理店オーナーになりたい方は必見!

コンビニオーナーは成功すれば一生安泰

フランチャイズと言えば真っ先に思いつくのはコンビニではないでしょうか。街中いたるところにありますが、実は直営店はあまりありません。ほとんどが代理店契約を結んだお店になります。コンビニは開業資金が400万円以内で収まりますが、経営は簡単ではありません。立地条件にもよりますが、頭を悩ませるのは集客出来るかどうかです。これはスタッフの接客のサービスにより大きく影響を与えますので、オーナー自らお店に立つ必要があります。コンビニの魅力は集客に成功すれば高確率でリピーターになってくれますので一生安泰のビジネスと言えます。

飲食店オーナーはチェーン展開も夢じゃない

外食産業は景気が悪くても勢いが衰えないのが魅力ですね。ですので余程下手な経営さえしなければ途中で挫折する事は早々無いと言えます。飲食店オーナーの契約金は300万円から500万円あたりが相場になっています。ファストフード店にするのか定食店にするのか迷うところですが、これは出店予定のエリアに競合店が無いものを選んだ方が無難です。飲食店は一店舗成功すれば二号店、三号店と出していくのが理想だからです。飲食店は多店舗出せばリスクヘッジにもなりますからね。

学習塾は未経験でも問題なし

意外と知られていない儲かりビジネスが学習塾です。教員免許が無くても誰でも出来ます。なぜならばマニュアルが存在するからです。この学習塾の代理店契約の魅力は初期費用が格安という点が上げられます。200万円もあれば十分でしょう。店舗も10坪程度のテナントで十分ですので家賃もかなり抑えられます。一番の魅力は人件費が全くかからないというところです。人を雇う必要は全くありません。マニュアル通りに指導していけば生徒の学力は向上しますので、親からは感謝もされビジネスとしても儲かりますので一石二鳥ですね。

代理店の募集を行うなら、代理店募集の専門のサイトで募集を行うと、良いビジネスパートナーを見つけることができます。

脱サラして独立したい人は必見!予算額に応じた代理店のジャンルを紹介します

100万円以内で独立

100万円以内だとメジャーなのがおそうじビジネスです。小売業でないため商品を仕入れなくてもいいため気軽に開業できます。店舗を必要としないのも大きなメリットの一つと言えますよね。自宅が事務所なので24時間体制で受け付けも可能です。ロイヤリティも7万円から8万円以内に収まりますので無理なく経営も続けていけます。基本的に営業をして新規獲得をしていかなければなりませんので、営業マンの経験のある人であればすぐに成果を期待できるビジネスと言えます。

500万円以内での代理店とは

500万円の開業資金があれば、お店を構える事が出来ます。メジャーなのがお弁当屋さんとコンビニですね。完全に待ちの営業になりますので、余程立地の良いところに空きがあるか、土地を所有しているかがポイントになります。家族経営を推奨していますので、夫婦や兄弟でお店を切り盛りしている人も多くいます。ロイヤリティは売り上げに対しての割合分と定額分を足したものになりますので、決して安くはありません。コンビニを廃業する理由はロイヤリティを払えなくなった方たちなので、フランチャイズ契約を結ぶ際に閉店時の事もしっかりと確認する事も重要になります。

1000万円以上の資金で独立出来る代理店とは

1000万円以上の資金があれば、代理店としてやっていかなくても何か自分で事業を起こしても良さそうですが、家族を養うためには一か八かの勝負に出るのは得策ではありません。固く収入減を確保しておきたいものです。この金額になると誰もが知っているお店とフランチャイズ契約が出来るようになります。ファストフード店や居酒屋などですね。知名度がありますので、少々立地が悪くても集客で悩むことはまずないでしょう。気を付けなければならないのは、SNSを利用したアルバイトの不祥事ですので採用した人には徹底した管理と指導が必要になってきます。

サラリーマンでも、いつかは独立して、自分でビジネスを立ち上げたみたいという野望を持っている人は、代理店の募集サイトを常にチェックしています。

何がいい?!フランチャイズ契約を締結する先

企業が事業展開をするひとつの方法

コンビニエンスストアを全ての店舗を自前で展開すると、その出店にかかる費用と回収までにかかる期間の長さから企業としても財務体質が厳しい状況になります。そのため出店したいと考えているエリアにおいて、個人商店をやっている人や、またそのような店舗物件を持っている人に、自社が出店する代わりにその地域に自社の名を持って展開してくれるように委託するケースも多くあります。出店にかかる費用についてはその個人に負担してもらうために企業にとっては負担が減ることになります。

フランチャイズ契約で展開

そのようなフランチャイズ契約をしているのはコンビニやファストフード以外にも最近は多くあります。全国的に展開している店舗を持っている企業がそのような契約形態で展開しています。企業としては諸費用を負担してらもう代わりに、その企業が持っているノウハウを伝授します。その手法に基づき売上を計上して利益を出して、その利益の何パーセントを企業に支払うようなロイヤルティ契約をしているのがほとんどです。個人としても利益を出せば出すだけ手元に残るお金も増えるため頑張るようになります。

個人としても事前の計画が重要

フランチャイズ契約をする個人も多くなっています。ただ数ある契約先からどの企業を締結するかを選択する際には、今時点のその企業業績も大切ですが、契約後もしばらくはその事業で展開することになるために、将来的にも伸びる事業であるかも考えて契約することが大切です。コンビニ以外にも最近では学習塾でフランチャイズ契約を締結する企業もあります。一度スタートした事業形態を変更するにしても初期投資額を回収してから行うべきで、その事業のフランチャイズ契約を締結する前に事業計画を綿密に立てて、いつ頃投資額を回収できるのかを確認しておくことも大切です。

代理店は、メーカーや仕入先と直接代理契約を結んでいる会社やお店のことです。すでにあるビジネスに参加でき、初期費用も低価格のため、比較的簡単に事業をスタートできます。

自営業を始める時の心構えを考えて挑戦する事

自営業はどなたでも始める事は可能です

自営業はどなたでも始める事は可能なのです。自分のビジネスを始める時は大変な勇気が必要です。今までの安定した生活から大きなリスクをとってビジネスを始めるわけですからそれは当然です。しかし、このようなリスクをきちんと取る事で更に大きなメリットを自分の中で身に付ける事ができるのです。自分の生活を更にシンプルにする事はとても重要な事です。好きなビジネスに集中して高い生産性と利益を上げる事をし真剣に考えていく必要があります。

何も規模を追う必要がないのが自営業のコツです。

自営業を行なうには何も規模を追求する必要はないのです。自分に最適な仕事をして、規模を小さくすれば利益率は上がっていきます。会社は規模が上がればそれだけ経費も上がっていきます。適正な水準を維持する事が大変重要です。小規模で管理がしやすいビジネスモデルを構築すれば低リスクで安定したビジネスを行なうことができるのです。好きなビジネスを自分のスペックで行なう事でより多くの方に愛されるビジネスモデルを楽しんでいく事ができるのです。

自分の個性をビジネスで表現する

ビジネスを取り巻く価値観は変わってきています。何も会社に通ってするだけがビジネスではないので、自分で楽しみながら好きな仕事をしていきましょう。自宅でできるフリーランス等も広義な意味で考えれば立派な自営業です。しかし、誰でもなんの経験もバックボーンもなくフリーランスになれるほど甘くはありません。きちんとしたスキルや納期をきちんと守るなどの当たり前のビジネスマンとしての感覚を身につけた人間が高いレベルでの仕事を行い、愛されるビジネスマンへと進化できるのです。

フランチャイズは企業の知名度やノウハウを生かして経営を行うことが出来るので、リスクを抑えることが可能になっています。

今まで知らなかった!!蓄電器について解説します

蓄電器の仕組みとは何か

蓄電池とは何か知っている人はいらっしゃいますか?内部で電気を貯める事が出来、貯めた電気を使う事が出来るものの事を蓄電池といいます。充電池や自動車のバッテリーと同じ仕組みとなり、電池が無くなってしまった場合は充電をします。また、蓄電器には2つの種類があり、家庭用のコンセントなどから充電するものと太陽光発電で得た電気を蓄電器に貯めて使用するものがあります。蓄電器は災害時に自給自足が出来る事から多くの人から注目されているんです。

蓄電器を使用する事で得られるメリット

蓄電器を使う事で得られるメリットは数多くあります。まず電気料金を節約する事が出来ます。実は夜間の電気代は昼間に比べて安くなっています。夜間に電力を貯めておき、昼間に使用する事によって電気代を節約する事が可能となります。また、蓄電器は太陽光発電と連携する事が可能です。太陽光発電を既に設置されているご家庭ですと、余った電力を蓄電器に貯め、使用する事が出来るのです。しかし、蓄電器の価格はまだ高い事が多く、1kwhあたり数十万円する事も少なくありません。

より効果的に蓄電器を使用する為に

蓄電器を保管する際は月に1回ほどの間隔で充電をしましょう。何故、月に1回程度充電を行う事が望ましいのかと申しますと、非常時で必要になった場合、満タンに近い電気量を確保する事が出来るからです。また、充電の仕方ですが満タンまで貯めずに9割程度に抑える事をおすすめします。充電を9割程度に抑える事によって、負荷を軽減する事が出来、長く使用する事が出来るのです。これらの方法を利用する事によって、より効果的に蓄電器を使用出来ます。

フォーアールエナジーは日産自動車と住友商事の出資により設立された会社です。主な事業はリチウムイオンバッテリーシステムの開発、製造、販売などです。